講師のプロフィール

廖 赤虹、中国生まれ。長安大学卒業。同大学教師を経て、1986年、留学のため来日。1992年、横浜国立大学大学院修了。工学博士。大学時代に馬先生の初めての弟子となり、来日後、馬先生に馬氏点穴療法の日本全権代表に指定され、馬先生の著作の翻訳や馬氏点穴療法の講習を努めている。また、神奈川県藤沢市で気功教室を開講している。

二、雑誌発表

1、廖赤虹、「馬秀棠先生と馬氏気功点穴療法」、季刊マニピュレーション、VOL.5,(1990.5), pp.90-91.

2、廖赤虹、「馬氏気功点穴療法」、季刊マニピュレーション、VOL.5,(1990.11),pp.77-79.

3、廖赤虹、廖赤陽、「中国における気功点穴療法」、季刊マニピュレーション、VOL.7, (1992.2), pp.116-119.

4、廖萃萃、廖赤虹、「馬秀棠先生の点穴保健法」(上)、季刊マニピュレーション、VOL.7, (1992.8), pp.108-113.

5、廖萃萃、廖赤虹、「馬秀棠先生の点穴保健法」(下)、季刊マニピュレーション、VOL.8,(1993)

6、廖赤虹、「馬秀棠先生に気功点穴療法を学んで」、季刊マニピュレーション、VOL.8, (1993),pp.13-17.

7、廖赤虹、廖赤陽、「外気現象の本質について」、季刊マニピュレーション、VOL.8,(1993.11),pp.103-109.

8、廖赤虹、廖赤陽、「気功と呼吸」、季刊マニピュレーション、VOL.10,(1995),pp.104-107.

9、廖赤虹、「気功のミステリー現象を科学的に体系づけていきたい」、TAM(季刊)、(1995.9).

10、廖赤虹、「簡化二十四式太極拳」、消防検定協会だより、1992-1993年連載(10)

11、廖赤虹、廖赤陽、「気功の外気治療とバイオスペクトル医学」、季刊マニピュレーション、VOL.11,(1996.2), pp.112-118.

『馬氏点穴療法−小児脳神経障害治療の実際』、共訳、エンタプライズ社(2004

『馬氏太極気功八法』、共訳、エンタプライズ社出版(1994)

気が癒す』、共著、集英社出版(1993

『中国気功健康法』、共著、成美堂出版(1992

日本全権代表公証証書

『手・足のツボ』、監修、池田書店(2000)

『気功−その思想と実践』、共著、春秋社(1998)

『馬氏気功点穴療法』、共訳、エンタプライズ社出版(1992)

一、著書と翻訳

著書と雑誌発表