東洋医学

馬氏気功点穴療法の紹介

馬秀棠(ま・しゅうとう)医師のご紹介

1912年~2000年。中国山西省生まれ。

馬先生

点穴を考案する前まで

馬先生の叔父は鍼灸と漢方の名人として知られた中医で、刺緒の絶妙なテクニックは深い印象を与える。
1941年 西安市で最も有名な中医・武術家である王新午先生の門下に入り、太極拳、気功などを修得する。
1947年 西北地方の著名な針医である李少亭先生の弟子となり、金針手法の秘伝を受ける。
2人の素晴らしい先生から秘伝を体得し、長い修行の結果、針灸、刺絡を極め、気功、太極拳にも通じるようになる。
30歳まで非常に体が弱かったが、30歳で練習しはじめた太極拳のおかげで、風邪も引かぬ体になる。
しかし、赤十字病院に勤務し始めた頃から、仕事が多忙を極め、練習を怠るようになり、1959年 肝炎を患う。
病院で3年間治療を受けるも、病状はかえって悪化し、「もう治療法はない」と宣告される。
その後、どこに行っても必ず朝5時に起き、1時間ほど気功の練習をし、2年後の1964年 体は完璧な状態に戻る。 それ以来30年、馬先生は気功を続けた。

点穴療法の確立

針を用いて治療を行なっていた馬先生が、針のかわりに指を使う治療法を考えた理由は、針に対して恐体感を抱いてる患者には針治療ができず、誰にでも使えるものではなかったためであった。
最初に考え出されたのは、針治療に対応した手法で、その後、気功・太極拳修練の体得をも点穴の手法としてまとめ、治療に応用。 更に有効な民間療法も点穴療法に融合し、独自の点穴療法を築き上げる。
自分自身と家族を患者と見立てて、その効果を確認した後、1956年 病院での治療に取り入れる。 その後、数10年に渡り馬氏点穴療法を発展させ、確立した。
1978年に発表された著書の『点穴療法』は、版を重ね、中国国内に数10万冊が発売されたほか、スペイン語、日本語に翻訳され、香港では点字版も出版される。
医療関係者はもちろん、家庭でもできる安全で優しい「ハリを使わないハリ治療」としても好評を博している。

詳しくは、文献:「馬先生の点穴療法」をご参照ください

馬氏気功点穴療法の特徴

中国での点穴療法は、「プロ」の治療法であり、素人が簡単に使える方法ではない治療法でした。
これに対して、馬氏の点穴療法は、素人でもすぐ有効な施術ができる優しい手技療法です。 特に基本手法は、極めて単純でソフトなもので、力の強弱や気功修練のレベルに関係なく使えます。 以下、点穴療法の3つの特長です。

方法は簡単で、マスターしやすい

「点穴療法」には多くの理論と技術が含まれており、全てを身につけるのは容易ではありませんが、「習ってすぐ施術できる」という特徴があるため、習いながら施術を続けることができます。
また、施術をする人は、体質や力の強弱に関係なく使え、施術を受ける人は、子供であれ老人であれ、誰に対してでもできます。

安全、無痛、誰にでも気楽に施術が受けられる


①ツボの選択の自由

針灸の場合は、禁止のツボがあるのに対し、点穴療法は全てのツボを無痛で利用できます。

②患者の体質と症状に制限を受けない

禁忌症(施術を受けてはいけない病気・体質など)がないため、どんな体質の人でも利用できます。

体の機能の調節と回復に重点を置き、ほとんどの症状に有効

馬先生の言葉を借りると点穴療法は、「先天(生まれつき人が持っている力)を強め、 後天(生まれたあとの力)を補うので、効かないはずがない」とあります。
馬先生のところには、風邪の人から、 難病の患者まで様々な人が来ていましたが、 その大部分は小児・婦人及び消化器系の慢性病患者でした。それは点穴療法が、体の機能の調節と増強に優れた効力を持っているからでした。

詳しくは、文献:「馬先生の点穴療法」をご参照ください

無為気功養生会へのリンク
心身のバランスを取り戻し、新たな生きる活力を充実させる養生。養生を気功で実践する無為気功養生会のホームページへのリンクです。
受講者用のページです
東洋医学の理論・実践で学んだ内容のまとめと各症状別の施術方法、受講者の施術履歴を記載しています。
馬氏気功点穴療法を取り入れた施術院です
馬氏気功点穴療法を取り入れた施術院です。

お問い合わせ